旦那が女性と食事するのはNG?浮気になる?

結婚後の境界線として度々話題になるのが「旦那が女性と2人きりで食事するのはNG?OK?」という議題になります。

 

それに対して世の中の奥さん・妻たちからは様々なコメントが寄せられています。

 

世論の口コミ・体験談をまとめてみた!批判・賛成

 

否定的な意見について

 

「絶対にダメ!ありえない!」

 

「いやいや、それ浮気の可能性大でしょ!」

 

「むしろ、男同士でも嫌だ。キャバラクとか行くし。」

 

「元彼女だと心配になるかな。」

 

「大勢ならいいけど、2人で食事する必要ある?」

 

「昔からの女友達なら分かるけど、最近知り合ったとかだと意味不明。」

 

賛成の意見について

 

「事前に言ってくれればOK」

 

「仕事の接待なら仕方が無い」

 

「全然いいでしょ!束縛しても逆効果です。」

 

「食事くらいならいいのでは?」

 

「年に数回程度で異性として意識していないならOK」

 

「例え内緒で女性と食事をしても、それはきっと私に変な心配をさせないようにするためだと思う。」

 

中性的な意見について

 

「その女性によるかも・・・綺麗な人だと嫉妬するかな?」

 

「私との思い出のレストランは嫌だけど、それ以外なら平気です。」

 

「男は浮気する生き物だと最初から思っているので。」

 

「内緒とか嘘を付いてまで行くと食事する女性に好意があるのでは?と心配になります。」

 

「相手に既婚者であることをちゃんと伝えていればOK.。」

 

「どのくらいの頻度で食事しているのか?それが重要。」

 

「夫が同じシュチュエーションでも許すなら私も許します。」

 

「主人との信頼関係によるのでは?」

 

インターネットのQ&Aサイト、2ch(2ちゃんねる)・掲示板など様々なメディアを見ていると様々なコメントがあります。世の中の女性のもう1つの関心として食事後に不貞行為はないのか?ラブホテルに行っていないのか?なども重要になると思います。

 

続いては旦那が女性と食事する場合、浮気する確率はどのくらいあるのか?について検証していきたいと思います。

 

既婚者の異性との食事は80%が不倫予備軍!?

 

ケースによってどの程度の確率で黒なのか?は違ってくると思いますので、それぞれを分析してみることにしました。

 

嘘を付いたパターン

 

本当に浮気している男性は半分くらいだとは思いますが、下心をもって食事をされている方は9割以上だと思います。

 

嘘を付く理由は・・・

 

①やましい気持ちが少しでもある
②嫉妬深い妻を心配させないため

 

上記の2つになります。おそらく、100人中95人くらいは①に当てはまると思います。しかし、実際に嘘がバレてその理由を追求されると同じく100人中95人くらいは②の言い訳をします。その男性の人柄によって異なりますが、基本的に嘘を付いてまで食事する相手の女性にある程度の好意を持っている可能性は高いと思われます。それが恋愛対象なのか?肉体関係を求めたいのか?についてはそれぞれだと思いますが・・・。

 

判定結果:90%~95%

 

内緒でコッソリパターン

 

事前に妻の了承を得なかったケースです。これはシンプルに忘れている人もいますので、若干上記の比べると不倫されている方の割合は少ないのかもしれません。忙して言う暇がないのは仕方ないですが、世の中の大半の女性は言ってもらいたいのではないでしょうか?内緒にされると余計に腹立つ!という方もいるのかもしれません。

 

後々になって領収書、クレジットカード明細、現場鉢合わせ、友人からの情報・噂などで知られると修羅場になることも!?

 

判定結果:80%

 

正直に伝えたパターン

 

一番、好感度の高い行動だと思います。奥さんの尻に惹かれているタイプだとなかなか勇気のいる相談だったのかもしれません。

 

しかし、嘘を付かないで事前に教えてくれたから白!と決めつけるのはハッキリ言って早いです。意外とそれでもやましい気持ちをもっていて、食事をする相手の女性に恋心を抱ている可能性は十分にあります。また、食事をする前までは単なる友達でもその後は異性として見るようになってしまったという体験談・口コミは結構ありますからね。気を付けなければいけません。

 

判定結果:30%~40%

 

素行調査をしたらやっぱり黒だった!

 

本当に夫は女性と食事後にラブホテル・相手の自宅などは行っていないのか?心配されるのであればその日に的を絞って素行調査・浮気調査を探偵に依頼することをおすすめします。事実を確認されたいのであれば非常におすすめです。

 

これで黒のケースは意外と多い・・・