弁護士提携の探偵ってどうなの?メリットまとめ

浮気調査の証拠を集める上で重要になるのが探偵事務所・興信所の存在になります。

 

逆に浮気証拠を集めて慰謝料請求等や裁判での民事訴訟で依頼をするのが弁護士になります。

 

2つの職種は仕事内容が密接に関連していて弁護士提携の探偵事務所は現在においては当たり前のようにゴロゴロあります。

 

今回は法律事務所との関係性を踏まえて、弁護士提携・連携サービスを利用するメリットや特徴について解説していきたいと思います。また、弁護士が紹介する探偵は信頼していいのか?逆に探偵が紹介する弁護士は安心できるのか?などの解説もしていますので、チェックしてくださいませ。

 

弁護士と探偵の違いって何?教えて!

 

例えば金銭トラブル分野における相談や離婚・男女トラブルの相談を弁護士か探偵のどっちに行けばいいのか?迷った経験がある方は結構多いと思います。取り扱い業務内容をザックリ見ると類似されていますので、解決方法として何がどのように違うのか?困ってしまっている人へアドバイスをしたいと思います。

 

弁護士の特徴・役割

 

カンタンに言えば法律の専門家(プロフェッショナル)になります。以下の条件を満たしている方については弁護士への相談・依頼が向いていると思います。

 

  • 相手を民事や刑事で訴えたいと考えている
  • 民事訴訟・刑事訴訟されてしまった
  • 法律の相談をしたい
  • 法的根拠のある書類を作成したい
  • トラブルが起きた時に代理人をたてて示談交渉をしてもらいたい
  • 損害賠償請求・慰謝料請求をしたい

 

希少価値に優れている国家資格を保有している弁護士は様々な権限と報酬をもらって依頼を受けることができます。例えば交通事故の示談交渉をしてもらいたい時や不倫の損害賠償請求をする場合などは弁護士への相談が一般的になります。但し、相手が事実を否認していたり、確固たる証拠が無い場合には訴訟をしても負けてしまう可能性があります。

 

探偵(興信所)の特徴・役割

 

一部の悪徳業者の中には報酬をもらって法律のアドバイスや代理人として交渉されているケースもありますが、それは基本的には探偵業務の領域ではありません。探偵に期待されている大きな役割の概ね2つになります。

 

  1. 証拠収集業務
  2. 調査業務

 

非常にシンプルになります。彼らに法律の相談をしても素人ですので、ハッキリ言って信憑性は薄いです。法律関連で聞きたいことがある場合は弁護士へ相談するのが一番です。

 

探偵を利用する意味は具体的な例を挙げると

 

「夫に不倫をされたから相手の女性に慰謝料請求・損害賠償請求したい!」

 

と考えた時にある99%肉体関係の事実はあるはずけど、よくよく考えると具体的な証拠がなくが相手の女性が不倫の事実を否定するケースは結構あります。そのような時に浮気証拠を集めるのが探偵の役割になります。具体的には尾行・張り込みをしてラブホテルの出入り口の撮影をするなど決定的な証拠を集めてくれます。このケースですと裁判で使える浮気証拠収集するのが探偵の役割になりますね。

 

調査業務については例えば昔お世話になった恩師と久しぶりに会って、お礼を言いたい。しかし住所は分からないし、連絡先も取れない・・・そんな時に人探し・所在地調査をしてくれるのが探偵になります。

 

何となく探偵と弁護士の違いをイメージできたでしょうか?

 

弁護士と提携している探偵を選ぶメリット

 

  1. 弁護士が探偵を紹介するケース
  2. 探偵が弁護士を紹介するケース

 

①は離婚問題を抱えていて、弁護士へ相談したけど証拠がない→探偵紹介
②は妻の浮気調査で不倫の事実が発覚・証拠確保→妻と相手の男性へ損害賠償請求したい→弁護士紹介

 

などの状況になります。

 

互いに提携・連携をされている場合ですと上記のような仕事・案件紹介が実施されています。

 

単刀直入に言えば弁護士と提携をしている探偵事務所に依頼する方がお互いに意志疎通ができていて、流れ・手順にも慣れていますので、スムーズに進めやすいのでおすすめです。

 

しかし、お世話になった業者から紹介されると断れない方もいますので、その辺りは注意が必要になります。例えば料金・費用が相場より明らかに高い場合などは自分で探すのも1つの手です。

 

さらに口コミを調べたところあまり自分の求める内容にマッチングしていなかったり、悪い噂が多く良い印象が持てない場合は無理に紹介された業者を利用することはないでしょう。