子供の見守り調査が得意な探偵おすすめランキング

今まで普通に過ごしてきた人が急に仲間外れにされたり、悪口、暴力を振るわれるようなケースも珍しくはないでしょう。

 

また、”虐めていた”側が反対に”虐められる”側に回ってしまう可能性も十分にあります。さて、本日紹介するのは子供の見守り調査を得意とする虐め対策の探偵事務所・興信所に関するお話しになります。こうした生徒同士のトラブルを解決してくれるのは学校の先生だと思っていると事態は深刻化する場合もありますので、相談しても意味が無い、頼りにならない、一向に虐めは収まらない・・・のような状態であれば思い切って、多少は料金・費用は掛かりますが、その道のプロフェッショナルである探偵に依頼するのも1つの手であると思いますので、候補に1つに加えておいてくださいませ。

 

家庭の方針として子供の問題は自分たちで解決するのが一番。と考えられる父・母の親御さんもいらっしゃるとは思いますが、実はそれほど簡単な内容ではないことも結構あるみたいですね。また、虐められていることを誰にも話すことができないと困っている人は割と多く、親が察して挙げることで解決に導かれることもありますので、ちょっとでも様子が変だと思ったら注意して観察してあげることも早期解決としては大切な行動だと思います。

 

実は子供の見守り調査を依頼する親は多い!?

 

特に大きな虐めに関する事件のニュースが流れると自分の娘・息子においても兆候が見られていると探偵に登下校の監視や事実を確認する証拠確保の依頼をする親は増えるみたいです。

 

例えば記憶に新しいのは大津市中2いじめ自殺事件ですね。この件については学校と教育委員会の隠蔽が発覚するなど現場の頼りなさが浮き彫りになってしまいましたね。つまり、守ってくれるケースもありますが、必ずしも100%ではないということは認識しておくべきです。この件において社会的な影響の1つとしていじめ防止対策推進法が国会で可決されるなどがあった。

 

また、教員が本気でクラス全員の把握しようと努力しても、さすがに放課後までは監視することは難しいので、懸命に働いている先生においても見逃してしまうケースは十分にあります。そこで頼りになるのが子供の見守り調査を探偵会社に依頼するという方法です。

 

例えば、

 

  • 近所で不良と遊んでいるのを目撃
  • 家のお金を盗んだ
  • 急に帰りが遅くなった
  • 転んだなどの理由で頻繁にケガをする

 

など疑わしい傾向が見られる場合などにおいて見守り調査を非常に有効な手段であると思います。例えば子供がどのような友達・交友関係を築いているのか?脅されているのではないか?などの事実を把握したいのであれば学校内に相談をするのではなく、探偵が強い場合もありますので、要注意ですね。

 

いくら教育熱心の先生でも放課後に尾行や行動調査をしてくれることは少ないと思いますので、そうした対象外になる部分についてはその道の専門家である興信所等のスタッフに任せてしまうのもアリですね。

 

虐め対策の探偵おすすめランキング

 

大手で言えばまず最初に知って頂きたいのはハライチの存在ですね。そのほかにおいても視野に入れておきたいのは総合探偵社TSやISM調査事務所の存在ですね。

 

こうした問題に関しては早めの対処が重要です。まずはどのような探偵としての対策方法があるのか?無料相談で聞いてみよう!