裁判で使える浮気証拠・不倫証拠

不倫の事実を知っても決定的な浮気証拠が無いとダメ・・・そんなことを頻繁に耳にすることがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

離婚を検討されている方にとって妻・夫の不貞行為証拠を上手に集めて有利に進めたいと思うのは当然のことです。ただ、ココには意外な落とし穴もありますので、入念に気を付けなければいけません。

 

このページでは裁判で使える浮気証拠の探偵・興信所や手に入れるコツや手段などについて詳しく解説していきたいと考えていますので、どうぞ最後までチェックして行って頂けると嬉しいです。

 

言い逃れをさせない!そこにメリットがある

 

旦那・・・あるいわ信頼している奥さんに浮気をしているのではないか?と疑いを持つことができる出来事が立て続けに起きたとしても根拠が無ければはぐらかされてしまう場合があります。

 

例え認めたとしても一転二転と自分が有利になるための嘘を並べる可能性も十分にあることを理解するべきでしょう。確かに直観レベルで突き詰められたら疑いを掛けられた方もたまったものではないで、ある程度はメール・着信履歴、最近ではコミュニケーションアプリで有名なLINE(ライン)、ツイッター、フェイスブックなどのSNSなどで把握することができる確率も結構あるみたいなので、そこから個人的にリサーチするのも1つの手であると言えるでしょう。また、LINEなど次世代風のツールだけではなく、メールも不倫証拠になるのではないか?と考えるケースもあるみたいです。

 

しかし、実際には決定的な裁判で使えるような不貞行為証拠を素人が見極めるのは難しいでしょう。例えば探偵事務所などに依頼をすれば離婚を有利に進めることができる知識やテクニックなどを知っているので、肉体関係を証明しやすいラブホテルの出入り口で写真を撮るなどをするケースが多いみたいですね。

 

確かにラブホテルに入って、何もないとは言えないですからね。これは言い逃れしにくいと思います。また、実は1回の行為があった証拠だけではなく、2回、3回、4回・・・と継続的に肉体関係があったことを証明することがポイントになりますので、その辺りについても探偵会社に相談してみるといいでしょう。

 

確かに1度だけでは「ちょっと魔がさした」と同情の余地が見られますからね。また、時間も結構関係する場合があって例えば10分とかで出てきてしまうと「ん?ちょっと早すぎじゃないか?」と当然のようになりますので、大変注意が必要になります。ラブホテルでの滞在期間においても30分、できれば40分、50分と長い方がいいですね。

 

また、性行為を目的としたホテルなどにおいては立証しやすいのですが、普通の自宅アパートやマンションの場合ですと芸能界ではお馴染みの「親しい友人関係です。」と逃げ道を作られやすいので、1週間に何度訪れているか?など頻度や滞在時間がより重要になると言われていますので、チェックしておきたいところですね。

 

上記のことを考えてみると意外といろいろな抑えておきたいポイントや知識がありますので、自分で行動するとなるとある程度の勉強は必要になりますし、尾行となると変装しないとばれ易いですし、変装すると怪しい+目立つので素人ということもありますが、失敗確率は上がると見込まれるでしょう。

 

浮気証拠を掴むなら探偵事務所がおすすめです。

 

妻・旦那の不倫証拠をゲットするのは探偵業者・興信所にとっては非常に得意分野です。まさに専門家と言っても過言ではないでしょう。そうしたプロフェッショナルたちに不貞行為調査をするのは非常に良い選択肢だと言えるでしょう。

 

やはり実際に裁判で使えるような有力な浮気証拠を集めるためには監視や尾行が必要になるなど初めての方にとってはハードルが高いのが現実です。嫁や旦那が浮気相手の男性・女性との「愛しているよ!」、「好きだよ」などのメールやラブラブのキスプリクラやツーショット写真などでも不貞行為をしているか?は分からないですからね。まあ、ぶっちゃけメールや写真などを見れば一目瞭然なのですが、そう簡単にはいかないみたいです。

 

まずは裁判で使える・有利になる浮気証拠を集めることを得意とする探偵に無料相談からスタートしてみることをおすすめします。